フランス語書籍専門店の欧明社。フランス語の教材・電子辞書・書籍・雑誌・DVD・文具・映画のチケットを取り扱っております。

商品検索

カテゴリーから選ぶ

リンク集


Click for Paris, France Forecast

お問い合わせ

商品・その他のご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

TEL:03-3262-7276(代)
FAX:03-3230-2517
Eメール:info@omeisha.com

営業時間
【平日】 10:00〜18:00(事務営業時間 月・水〜金曜日17時、火曜日16時)
【土曜】 10:00〜17:30(事務は16時まで)
【日曜】 13:00〜17:00 / 第二・第三・第四日曜日営業(販売のみ)
【休日】 第一、第五日曜日・祝祭日
※インターネットでのご注文は24時間受付けいたします。

商品詳細

DEVENIR[POCHE]
販売価格: 1,848円(内税)
定価: —
購入数 
当ホームページで紹介している商品の在庫は、御問い合わせいただいた時点で在庫切れの場合がございます。また、価格表示は税込(本体価格)となります。
為替相場により価格が多少変動いたしますので予めご了承ください(和書、電子辞書は除く)。
Titre : Devenir

Auteur : Michelle Obama
Poche : 792 pages
Editeur : Le Livre de Poche (29 janvier 2020)
Collection : Documents
Langue : Français
ISBN-13 : 978-2253257776
Dimensions du produit : 11 x 3 x 17,8 cm


シカゴの貧しい街で育った少女時代、努力して入学した大学、流産、不妊治療、共働きでの子育て、そして大嫌いだった政治の世界に入ったアメリカ合衆国元ファーストレディ、ミシェル・オバマによる自伝回顧録「マイ・ストーリー」フランス語文庫版です。


[BOOKデータベースより]
等身大の語り口で力強く胸に迫る、前アメリカ大統領夫人の回想録。子供のころ、ミシェル・ロビンソンの世界はシカゴのサウス・サイド地区だけだった。そこでは、一家が居候する家の2階で兄のクレイグと1つの寝室で眠り、公園で一緒にキャッチボールをした。両親のフレイザーとマリアンには、堂々と自分の意見を言うように育てられた。その後、彼女は広い世界に飛び出していく。プリンストン大学では、教室の中で自分がたった一人の黒人であることもあった。その後、ガラス張りのオフィスビルではエリートの企業法務弁護士として働いた。そしてある夏の朝、オフィスに現れたバラク・オバマという法学生に出会ったことで、それまで綿密に計画されていた彼女の人生は一変する。本書『マイ・ストーリー』では、ミシェル・オバマが人生を振り返り、自分の仕事と家庭、そして政治家である夫のめまぐるしく変わるキャリアとのバランスを取ろうともがいた新婚時代も初めて語られる。バラクが大統領選に出馬すべきかどうかを夫婦で話し合ったときの会話や、選挙戦で大統領候補の妻として人気を集める一方で批判にさらされた経験も明かされる。優雅でユーモラス、そして驚くほど率直な文章で鮮やかに描かれるのは、世界じゅうから注目を浴びながら歴史を紡いだ大統領一家の知られざる生活と、その特別な8年間を過ごしたホワイトハウスの内幕である。それは、彼女がアメリカを知り、アメリカが彼女を知っていく経緯だ。

BECOMING ME
BECOMING US
BECOMING MORE

Présentation de l'éditeur
« Il y a encore tant de choses que j'ignore au sujet de l'Amérique, de la vie, et de ce que l'avenir nous réserve. Mais je sais qui je suis. Mon père, Fraser, m'a appris à travailler dur, à rire souvent et à tenir parole. Ma mère, Marian, à penser par moi-même et à faire entendre ma voix. Tous les deux ensemble, dans notre petit appartement du quartier du South Side de Chicago, ils m'ont aidée à saisir ce qui faisait la valeur de notre histoire, de mon histoire, et plus largement de l'histoire de notre pays. Même quand elle est loin d'être belle et parfaite. Même quand la réalité se rappelle à vous plus que vous ne l'auriez souhaité. Votre histoire vous appartient, et elle vous appartiendra toujours. À vous de vous en emparer. »

Traduit de l'anglais (États-Unis) par Odile Demange et Isabelle Taudière.