フランス語書籍専門店の欧明社。フランス語の教材・電子辞書・書籍・雑誌・DVD・文具・映画のチケットを取り扱っております。

商品検索

カテゴリーから選ぶ

リンク集


Click for Paris, France Forecast

お問い合わせ

商品・その他のご不明な点につきましては、下記までお問い合わせください。

TEL:03-3262-7276(代)
FAX:03-3230-2517
Eメール:info@omeisha.com

営業時間
【平日】 10:00〜18:00(事務営業時間 月・水〜金曜日17時、火曜日16時)
【土曜】 10:00〜17:30(事務は16時まで)
【日曜】 13:00〜17:00 / 第二・第三・第四日曜日営業(販売のみ)
【休日】 第一、第五日曜日・祝祭日
※インターネットでのご注文は24時間受付けいたします。

商品詳細

ふらんす2019年7月号
販売価格: 760円(内税)
定価: —
購入数 
当ホームページで紹介している商品の在庫は、御問い合わせいただいた時点で在庫切れの場合がございます。また、価格表示は税込(本体価格)となります。
為替相場により価格が多少変動いたしますので予めご了承ください(和書、電子辞書は除く)。
雑誌『ふらんす』

出版年月日 2019/06/23
判型・ページ数 A5・80ページ

■特集:クリスチャン・ボルタンスキー Lifetime

今年、大阪・東京・長崎の三都市にて初の大回顧展Lifetimeが順次開催されている、フランスを代表する現代美術作家クリスチャン・ボルタンスキーを特集します。

「負け戦」の流儀 湯沢英彦 

ボルタンスキーを巡る初の本格的モノグラフィ『クリスチャン・ボルタンスキー』(吉田秀和賞受賞)の著者である湯沢英彦さんが、Lifetimeの大阪展の模様や、作家がテーマや手法・展示方法に込めた思いや哲学を解説してくださいます。

ボルタンスキーの箱 星埜守之

Lifetime展に際し、星埜守之さんが研究室のなかに見つけたボール紙の箱。それは、フタの部分にReconstitutionというタイトルが貼付された、30年前のボルタンスキーの展覧会カタログでした。箱とボルタンスキー、そして、その「箱」を巡る記憶とは……

クリスチャン・ボルタンスキー − Lifetime 展の見どころ 山田由佳子  

「空間のアーティスト」と自らを形容し、展覧会全体を一つのインスタレーション作品と考えているボルタンスキー。Lifetime展の見どころを、東京での展示構成に即して国立新美術館主任研究員の山田由佳子さんが紹介してくださいます(*諸般の事情により展示の順番は変更になることがあります)。


展覧会情報・関連書籍

Lifetime展の詳細と、関連書籍を紹介します。